介護給付 不正受給1億4千万円 2

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 浦安情報へ浦安市民の情報/提供/掲示板へ

この事件の報道内容には、事実認識の違いもありますのでヤフーニュースのリンク切れ補完ををします。

県によると、同法人が運営するグループホームなどで今春までの4年間、入居利用者への居宅介護サービスの実体がないのに、記録を改ざんするなどの方法で不正請求し介護給付費を得ていた、としている。

監査に対し同法人は「計画に合わせる形で改ざんしていた」と事実関係を認めているという。加算金を含めて返還する意向を示していることなどから、県は刑事告発はしない方針。実際に勤務していなかったり対象者が不在なのにヘルパーを派遣したと記録するなど事実上の架空請求に当たる手口が多かったという。県は実地指導も行っていたが、記録の改ざんは見抜けなかったとしている。

今春着任した施設長が不適切な請求に気付いて5月に自己申告。県が障害者自立支援法に基づき監査に入っていた。指定の取り消しは利用者の引き継ぎを考慮して8月10日付にした。
—————————————————————————————————————————
不正の額は、平成20年4月から平成24年3月までの実績分とのことで、計画値に合わせた請求、対象者不在の架空請求を不正認定したということです。千葉県保健福祉局にも影響を及ぼすと思われるが、過去の同様の事例を調べると、書類工作、書類隠匿・滅失は更なる鉄槌につながるようです。
当事者は間違いを強調していますが、以下のブログ解説は参考になります。 http://fujikko92.exblog.jp/18488346/

以上の他、調べてみると同様な事例が多発しています。浦安の場合はケタ外れになるのではないでしょうか。

クリック
ランキングへ

拍手

1 claps

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー: 社会福祉法人, 障害者福祉 パーマリンク

コメントを残す