統一地方選挙を前にして 9 復興浦安

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 浦安情報へ浦安市民の情報/提供/掲示板へ

復興浦安は是々非々党とも言えよう。ただ、予算審議等では、全体を見るあまりに個々の問題には妥協の姿勢があるので、各論反対、総論賛成の割り切りがある意味でわかりにくい。負託した市民との意識の乖離現象を生みやすいことが課題。


西山 幸男 ベテラン議員で議長を務められたのは、そのあたりのバランス感覚が秀でているからだろう。地元企業との地盤もしっかりしていて、安心して見ていられる。前に出るタイプではないが、協調型の堅実さが売りか。市長選では、折本氏支持に回る。
西山幸男議員平成25年度収支報告書 (PDF 73.6KB)新しいウィンドウで開きます


岡本 善徳 同様に議長経験のベテラン。先人の遺徳などには憧憬が深く、時にそれがナイーブと受けと取られることも多い。妥協的側面から、時に地元の誓願に対して冷淡な態度を取るというような受け止め方をされることもある。市長選では、折本氏支持に回る。
岡本善徳議員平成25年度収支報告書 (PDF 85.2KB)新しいウィンドウで開きます


水野 実  1期生で2期目の挑戦。みんなの党公認が功を奏し高得票であったが、今回はそれがない。姓名判断では、常に自分が中心にいたいタイプ。人運的には、能力はあるので、協調性に注意すれば良いのだが、、。先の市長選では色々ブログに書かれている。自分は煮え湯を飲まされたとかで、折本支持で行動を共にできなかったことは反省点ではないか。もっとも、本人にその自覚は全くないが。政務調査費では、申請で受け取ったものを全額を返金するという不思議な行動を毎年くり返している。受け取らない議員は、はじめから申請しておらず、ブログでわざわざ開示するのはパフォーマンス?


クリック
ランキングへ

拍手

1 claps

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー: 市議会, 選挙 パーマリンク

コメントを残す