選挙の年:賠償1億6000万円を職員2人に 地裁判決

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 浦安情報へ浦安市民の情報/提供/掲示板へ

「賠償1億6000万円を職員2人に 地裁判決」の報道は、当市とは無関係ではないよううに思えます。震災復興の様々な工事が市内で行われ、その総額が膨れあがっている現在、入札査定・検査等の適切な運用に努めて頂きたいところです。工事予定価格を上回る補正予算化などが26年度予算に生じています。

  • 賠償1億6000万円を職員2人に 地裁判決 nhk.jp/N4CZ5Z9j #nhk_news   現在ビデオリンク切れ

横浜市が国などの補助を受けて行っている河川の改修工事で業者への過払いがあったため、市が国などに支払った加算金を当時の担当職員に賠償させるよう市民が求めた裁判で、横浜地方裁判所は、職員2人に合わせて1億6000万円余りを賠償させるよう市に命じる判決を言い渡しました。

横浜市は平成16年度から国と県の補助を受けて市内を流れる今井川の改修工事を行っていますが、工事費用を業者に余分に支払っていたことが分かり、国と県に対して過払い分のほかに1億6000万円余りの加算金を支払いました。 これについて原告の市民たちは、加算金が生じたのは当時の担当職員が工事の検査を適正に行わなかったためだとして、職員7人に賠償させるよう求めました。 26日の判決で、横浜地方裁判所の佐村浩之裁判長はこのうち2人の職員の検査の落ち度を認めて、合わせて1億6000万円余りを賠償させるよう市に命じました。 横浜市河川事業課は「判決の内容を慎重に検討し、適正に対応します」としています。

あなたは首長(市長)の多選に賛成ですか?反対ですか?

View Results

Loading ... Loading ...
クリック
ランキングへ

拍手

8 claps

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー: 公務員, 市職員基本条例, 震災復興 パーマリンク

コメントを残す