6月議会 一つの陳情

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 浦安情報へ浦安市民の情報/提供/掲示板へ

6月議会は本会議・常任委員会を含め9日間で、今週26日(木)で終わります。日程、議案項目についてはリンクの通りです。一般質問は今週、半分経過しました。与党議員の役割は行政追認機関という側面が強く、時に卑屈な感じすらする質問場面が多いように思えます。また、議事進行動議が出やすく、それに対しての議長采配も、結果的に与党寄りになりがちの印象がある。

個々の内容については、後日の録画以外に一般市民の目に触れることはありませんが、質問の中にも出てくる身近な話題として1点ご紹介します。

市民グループから出されました「道路と宅地の一体的な液状化対策事業に係る対象全地区での地質調査の実施と液状化対策に係る情報開示に関する陳情 」がそれです。
これは液状化に関する委員会審査(都市経済常任委員会)に6月17日に付託され、この委員会では特に反対する理由もなく賛成多数で可決されました。(賛成者:美勢、折本、長谷川、岡本 反対者:宝 各議員)

最終的にこの陳情が採用されるかは、6/26の本会議の採決次第となります。この陳情の主旨は格子状地中壁工法一本に市が決定したことに対して、そのプロセス・意思決定のあり方に疑義があり、手続き的正義が担保されていないこと、それに係わる情報開示が不充分というものです。
陳情書の背景にある考え方はこのリンクの通りであり、市議全員にメモは渡っています。
本会議での採決がどうなるのか、過去の採決からは容易に想像ができることですが、中町・新町の戸建て住宅にお住まいの方は特に関心が高いところです。同時に議員のスタンスも明確に分かれるところです。

 クリック
ランキングへ

拍手

4 claps

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー: 震災液状化対策 パーマリンク

3 Responses to 6月議会 一つの陳情

  1. JIOMU のコメント:

    下の記事によると格子状地中壁工法では液状化を防止できないと読めるのですが。
    このまま市の決め打ちで強引に進められると、住民・市ともに巨額の無駄遣いに
    突き進むことにならないでしょうか?心配です。
    (新浦安ナビからの情報です)
    http://www.s-housing.jp/archives/57129

    (蛇足ですがこのHPのトップページのデータ量が多くPCの反応が一気に遅くなります。右に投稿リストがあるのでトップページを小さくしていただけませんでしょうか?当方PCがVISTAのせいかもしれませんが...)

    • admin のコメント:

      巨額の無駄使いかどうかはさておき、100%の関連する住民合意が難しいところに、それなくして調査ボーリングが進むことは無駄使いでしょう。
      トップページは半分にしました。ですが、表示が遅いのはVistaだからというわけでなく、別の理由です。必要ならお問い合わせメールから個別にお願い致します。

    • admin のコメント:

      JIOMUさん

      先ほどNHKラジオで言っていました。
      弁天2丁目地区で(たしか100軒前後くらいかと)ボーリング調査が先週あたりから始まったとか。
      90%の合意でも、調査が先行するわけですから、たしかに、無駄使いに突き進んでいるとも言えますでしょうね。

コメントを残す