松崎氏5選果たす 浦安市長選 震災復興掲げ支持

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 浦安情報へ浦安市民の情報/提供/掲示板へ

2014年10月27日東京新聞 浦安市長選は二十六日投票され、無所属で現職の松崎秀樹氏(64)=自民、公明、みんな推薦=が、いずれも新人で元市議の折本ひとみ氏(56)、市民団体代表の巌(いわお)洋輔氏(28)の無所属二氏を破り、五選を決めた。東日本大震災からの復旧・復興を最優先課題に掲げ、政策中心の訴えで選挙戦を制した。当日有権者数は十二万五千二百十一人、投票率は40・56%(前回45・06%)で過去最低だった。

 当選が決まると、同市北栄四丁目の事務所は、集まった支援者らの大きな拍手に包まれた。

 松崎氏は政党の推薦を受け、万全の態勢で選挙戦に入った。「膝詰めで政策を訴えたい」(選対幹部)と、こなしたミニ集会は選挙戦前からの通算で二百回に上った。

 市内の86%が液状化被害に遭い、いまだにインフラ工事が続いており、市民から着実な復旧・復興工事の継続を託された。

 連続三回目の挑戦となった折本氏は街頭演説を主体に、四期十六年続いた現市政の問題点を突いたが広がりを欠いた。

 巌氏は若さを前面に二十~三十年後の街づくりを訴えたが、知名度不足から浸透しなかった。 (服部利崇)

◇浦安市長選開票結果

当 29,144 松崎秀樹 無 現<5>

18,608 折本ひとみ 無 新

2,291 巌洋輔 無 新

クリック
ランキングへ

拍手

10 claps

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー: 選挙 パーマリンク

コメントを残す