9月市議会質問flash2

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 浦安情報へ浦安市民の情報/提供/掲示板へ

質問件名はダイエー進出、スワン跡地利用、24時間訪問介護・看護事業、市長公約、退職職員の行方等であり、いずれも市民の関心が高い分野です。

現行の夜間安心訪問ヘルプサービスと11月開始の24時間サービス事業との関連性に始まり、市長公約、ダイエー、スワン跡地利用と続く。市長公約のところでは、事務方答弁が中心であり、なかなか咬み合いません。

最初の質問である、11月から始めるという「24時間訪問介護・看護事業」では、浦安市独自事業の「夜間安心訪問ヘルプサービス事業」(パーソナル・アシスタンス とも)が既にあります。同社への委託事業として、市は毎年3,300万円を支出しています。 しかもこの高額な委託金を貰いながら、当局も認める介護保険報酬も請求しているとあっては、市川市の姿勢(社会福祉法人の運営に関する情報開示について)とは全く違い情報開示と規制・指導に消極的です。納税者の市民は納得しませんね。

25分以降のダイエー進出問題では、激しい追求に同僚議員も放心状態の場面も。答弁滞りでたびたび時計が止まる場面も。具合が悪いところに来ると同僚議員の一部から質問を遮る場面もある。何かしっくりしない内に時間切れ。市民の強いスワン存続要望があった跡地利用については次回持ち越し。

時間切れ・質問積み残しの原因は、質問者というよりは当局側の答弁回避による時間経過にあり、こういうことで質問者が注意を受けるというのも不条理。詳細については、録画をご覧下さい。公式録画にはないナマ録なので、随所に起こる珍妙な答弁実態が市民に伝わるものと思う。

 クリック
ランキングへ

拍手

1 claps

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー: スワンカフェ&ベーカリー, 社会福祉法人, 高齢者福祉 パーマリンク

コメントを残す