12月浦安市議会 議会質問 スワンベーカリ-が無くなる

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 浦安情報へ浦安市民の情報/提供/掲示板へ

12月12日、広瀬議員の議会質問、全1時間ですが市民の関心事が集約されています。

●重度障がい者等入院時コミュニケーションサポート事業;
(市民への広報.利用実績、広報基準/例規集掲載基準、時間単価の設計基準/他市との比較)
他市との比較で情報公開が不足しているとの指摘に対しての答弁。障害福祉事業に対しての実情を知る良い機会です。5分あたりの広瀬議員の発言で、市長が「障害福祉に特化して」の発言に7分あたりでクレームをつけたのが印象的。

●高洲中央公園貯水槽;19分あたりから
(貯水槽破壊原因追究、当時の契約実態、周辺市民の水の確保、駐車場の確保)
施工業者であるコスモ工機に、何故、災害用貯水槽が機能しなかった理由についての調査を当事者に依頼したのかの質問に始まり、現在問題となっている高洲マンホールモニュメントについての質問。答弁を聞いていて、納得するのはかなり困難という印象がある。検証調査に1000万円かかるなどとの答弁からも(バブル感覚そのものです)明らか。市の対応は推定検証程度なんでしょうね。41分あたりで岡本議員が早く質問を切り上げて次へと促すのも印象的か。

●新庁舎建設進捗状況;42分あたりから
(デザインビルド方式採用理由、同方式メリット・デメリット、今後の流れ、24年度予算との関連)
3.11を経験して、新庁舎建設の意味合いが違ってきているように思うが、市の答弁はハコモノとしての防災拠点機能の充実を主訴としているようです。また、中村副市長の答弁が言語不明瞭で意味がよく分からない。市のあらゆるところで遅滞しているインフラ復旧、中でも、道路、公園、住宅接道部の改修が先だと思うのだが、どうも認識のズレが大きいです。

●公共施設第3者使用状況(スワンベーカリーの契約解除);53分あたりから
(利用実態、賃貸借における不払い件数・合計金額、督促状況、契約解除件数、使用貸借における契約終了時)
に関しての質問です。結局、来春でスワンベーカリーは消えるんだね。補助金を貰っている、駅前と今川のホップは安泰なんですね。
せっかく良い質問をしているのだが、例によって時間切れ。まだ4時半なのだから続けても良さそうなものだが、、。
クリック
ランキングへ

拍手

7 claps

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー: 公園・道路, 市民の考え, 市議会, 新庁舎建設問題, 民主主義, 社会福祉法人, 障害者福祉, 高州モニュメント パーマリンク

コメントを残す