3「自治責任」の実例、アンドーバーから

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 浦安情報へ浦安市民の情報/提供/掲示板へ

中央政権国家のわが国では島国特有の閉鎖性もあり、画一的な統治形態に慣れ親しんでいるために、よその国はどんなことになっているのか、一歩飛び出して外の実情を見てみたい。地方自治の精神、考え方の違いです。

マサチューセッツ州憲法では、人口12,000人を超えるとシティ政府(city form of government)を採用することができるとされている。しかし、アンドーバー市(Town of Andover)のように人口が30,000人を超えてもシティ政府を選択せず、住民総会を維持し続けている自治体が多くあります。
マサチューセッツ州の州都であるボストン郊外にアンドーバーはあり、人口は32,000人(有権者約20,000人)、昼間人口は約40,000人です。一戸建てが多く、閑静な住宅地区が形成されている典型的な大都市の郊外タウンです。

アンドーバーは住民総会を設けている町組織として、州内最大規模の人口を有している。政府の形態は、「住民総会-理事会-タウン・マネージャ―」(Open Town Meeting-Board of Selectmen-Town Manager Form of Government)といわれる。タウンのガバナンスのさまざまな分野に関しては、任命による各種委員会(appointed boards and committees)が設けられています。主なる概容は以下。

① 住民総会;企業でいう株主総会ですね。議長は人望ある者が選ばれる。
住民総会は、アンドーバーの立法機関(Andover’s legislative body)です。登録を行った全ての有権者は、アンドーバーの重要な決定に参加する機会が提供される。議長(Town Moderator)は1年の任期で、公選によって決定する。議長は、住民総会を統括し、また9名の財政委員会(the nine-member Finance Committee)委員を任命する。住民総会は尐なくとも年に1回開催され、開催日や場所は理事会で決定される。住民総会は、高校の体育館を会場に、毎日午前7時~午後10時過ぎまで2~3日間継続して実施される。予算審議・決定、ゾーニング変更、道路承認、条例(by-law)追加・修正等が審議され、多くは過半数で決定する。通常の参加者数は200人程度であるが、ゾーニング、学校関係で批判的な問題が生じた時には2,000人程度参加することもある。

② 理事会:企業でいう取締役会ですね。
理事会はタウン政府の政策形成機関(policy-making body)です。アンドーバーの登録された有権者は3年任期の5人の理事を選ぶ。この人数なら厳選されますね。原則として月に2回開催される。理事会はタウン・マネージャー、出納担当者(Town Accountant)、ゾーニング不服審査会(Zoning board of Appeals)、 選挙人登録委員会(Board of Registrars)を任命する。

③ タウン・マネージャー:企業でいうCEOのような立場ですね。
タウン・マネージャーの役割は、理事会が策定した各種政策を実施すること、タウンの行政全般を管理し、行政運営の改善や顧客の立場にたったサービスの提供を促進することです。専門的かつ効率的な行政運営を行うための行政全般の監督責任者です。約20の部局を管掌している。
タウン・マネージャーは全公務員を任命する。また、理事会や議長任命の委員会を除いた各種委員会の委員を任命する。

各種委員会は議会の決定方式に代わる側面もある。
各種委員会はおよそ31あり、すべてがボランティアの任命職です。原則として空席が生じた都度公募が行われる。一般的には任期3年で、ほとんどの各種委員会は、平日の夕方に月1度か隔週に1回の頻度にて開催される。ただし、住民総会の前には頻繁に開催されることもある。この各種委員会のボランティアによる貢献の形態を長く続けてきたことで、各種委員会は安定して継続的に利害調整して発展してきた。 したがって、アンドーバーが議会を設置するような変更をすれば、政治的な動きが大きくなり、アンドーバーを発展させてきたボランタリズムへの関心は薄れていくのである、と理解されている。
以上の合計運用コストは浦安市の財政比に換算すると(人口比換算)約2/3の運用です。
ご参考;
http://andoverma.gov/   アンドーバーHP
http://www.clair.or.jp/j/forum/series/pdf/h20_02.pdf 同志社大学 政策学部 教授 今川 晃

一言でいうと責任分担が明確で、主権者がしっかりコントロールしているシステムです。2元代表制が必ずしもベストな地方自治とは限らない事例です。自治の一つのあり方として、学ぶべき点を多く示唆しているように思いますが、自由なコメントをお願いします。クリック
ランキングへ

拍手

3 claps

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー: 市議会, 自治責任 パーマリンク

コメントを残す